So-net無料ブログ作成

結石破砕 [結石] [つれづれ]

1.jpg

こんな装置に乗るわけです… 

病名は腎尿路結石というやつで、腎臓とつながる管のところにカルシウムの塊ができて、それが尿の通路に引っかかって激痛…疝痛発作となります。んもー、それは体験したことのない痛みで、三大痛い病気の一つだそうです。(残りは心筋梗塞と群発頭痛)

2.jpg 

治療は、体外衝撃波結石破砕術(ESWL)というもので、結石にに衝撃波を当て、砕いたり、砕けやすくするものです。

もともとは対潜水艦の兵器の技術だそうで、衝撃波を結石に集中させ、かつ結石にのみ作用する振動を使うのだそうです。

 写真いいですかという勇気はないので、写真はありませんです。

 

10:00AM 入院の手続きと説明。

10:30AM 担当看護士さんと面接。既往症、普段使っている薬、食べられないものとか注意点のお話。トマトとキュウリ食べられませんは却下されました。

11:00AM 病室へ。ここで検査着に着替え。うう、病人モード。

11:30AM 点滴開始。昼ごはんたべられないので、ブドウ糖などの栄養と抗生剤。抗生剤は、結石が最近の巣窟になってることがあるため。

しばし待機…

2:00PM 痛み止めの座薬挿入…担当の看護士さん若いので、自分でやりますって言おうかと思ってたけど、すばやく終了。 利き始めは30分後くらいとのこと。

ここで、この施術は痛いんだなぁと再意識。痛みのことを考え、帰りは車椅子が用意してあるとのこと。 ううう。

2:30PM  痛み止めの効き始めを見計らっていよいよ開始。まずは普通のレントゲン撮影。

2:40PM  隣の破砕マシンの部屋に呼ばれる。

 huku.jpg

手術着に着替え。普通の手術着を逆に、背中が開くようにきます。貧ぼうちゃま状態です。

machine.jpg 

こんな感じの装置で、天国への階段を上り、反転してシリコンゴムのところにお尻を沈ませます。 

ここで背中を開けて、お尻の下にさらにお湯を張ります。そして左右のグリップを握り締めます。

顔を右にやるとモニタがありまして、ここに背骨とか結石が映ります。呼吸で結構動くので、できるだけ呼吸は静かにとのこと。

サッカー部っぽい?さわやかな若い先生登場。時間はおおよそ一時間、徐々にパワー上げます。痛かったら手を上げてくださいとの説明があり、全員別室に移動して開始。

一秒ごとにカンカンカンとの音がして、左半身にしびれが走ります。誤って低周波治療器のパワーをあげちゃったときの感覚です。

まあ耐えられない痛さではありません。最初の痛みに比べれば。

時々ジジジという音がして、モニタがリアルタイム表示され、位置の微調整が行われます。んーあんまり変化ないなぁ。 

30分位(時計がないので感覚)で一回休みがあって、”痛くなければパワー上げますがどうですか?”と聞かれ、”大丈夫です。上げちゃってください”。

おおお、キタキタ、パワーアップ。がんがんやってくれー。 けど、モニタの結石は変化なし。

そして10分位して”もう一段階パワー上げてもだいじょうぶですか?” "あ、だいじょうぶです"。

カンカンカン、軽く歯を食いしばる。うー、モニタの結石変化ないぞ…。

で10分くらいで終了コール。"見た目変わりませんが、あとで細かくなることがありますので"、”(ありますので…だめだったの?)あ、ありがとうございました。” 

もとの検査着に着替えて、レントゲンの部屋に移動して腹部撮影。

廊下で待っていると、担当看護士さんが車椅子押して登場。”あ、歩けますよ”、”せっかく持ってきたから、ね、乗っちゃいましょ”ということで車椅子人生初乗車で病棟へ。道中”痛かったですか??どんなですか??”なんて話をしながら。

4:00PM 抗生剤の点滴追加。排尿時の注意を聞く。

piss.jpg

排尿は軽量カップにして、トイレの奥にある↑のような容器にざばーっとあけます。なかにはガーゼがあって、結石が出ればガーゼに引っかかります。

 3.jpg

 4:30PM 軽食登場。初固形食事。水分たくさん取ってくださいね。とのこと。(ペプシうまかったー。げぷ)

 4.jpg

うお、懐かしーカセイのいちごジャム。食パンの袋といい、小学校の給食と同じだ!。 

 

点滴のせいか、1時間ごとにトイレへ、およ?これは結石ではないかという感じのかけらが数個。よかった空振りではないのねー。

その後は砂状のものがカップの底に沈んでるのが見られました。

7:00PM 夕食

5.jpg 

ちょっと少なめ?でもおいしかった。しじみ苦手だけど、完食しました。

9:00 消灯… 夜担当の看護士さんいわく、”一発で割れることは少なくて、家に帰ってから大きいの出るのがほとんどですよ"と心を読まれたかのようなお言葉。以後一時間おきにトイレで小を深夜2時くらいまで。

 

ワンポイントメモ。

・一日入院だったので、検査着ですごしました。パジャマ、レンタルの浴衣は不要でした。

・でも、洗顔用にタオルは必要。(トイレの紙タオルで代用した。) 

・スリッパ持ってくればよかった。

・耳栓は持っていったほうがいい。(いびきとタンを切る音が…)

・眠れないとき対策に、ラジオとか音楽プレーヤあったほうがいい。

・靴は香らないやつを(こもります) 


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

ktm

私も尿路結石をやりましたが、最後に出るときがとても痛かったのを覚えています。 見ると、結晶なのでトゲトゲの物体が出てくるわけで、激痛でした。

by ktm (2012-10-06 11:25) 

doggie

ktmさまこんばんは
ううう、皆さん痛いって言いますね…話題に出すと、ああ結石やったとかやった人知ってるとか、けっこう身近でもやっている人がいて。
netで見ましたが、なにもあんなにイガイガしなくても…。はやく出て行ってほしい…と今日も水分摂取しています。
by doggie (2012-10-09 00:58) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。